ピーターラビット

【DOG BLESS YOU】編集部オススメのエンタメをpick upする[Editors’ One] (Wan🐾!)
小さな命、自然との共生、、、大切なメッセージとともに、素敵な作品をご紹介します。 第1回目は「ピーターラビット」。

 たぶん世界で一番有名なウサギさん、ピーターラビットの、これが初の実写映画です。原作は、英国の女流作家ビアトリクス・ポターの絵本『ピーターラビットのおはなし(原題:The Tale Of Peter Rabbit)』。出版されたのはなんと今から1世紀以上前の1902年と言いますから、驚異の超ベストセラーです。

 主人公のピーターは、バッグス・バニーやミッフィーよりもずっと前に生まれ、日本でも金融機関から自動車、調味料、飲料、レジャーランドまで多種多様なジャンルのイメージキャラクターに使われてきて、当たり前のように私たちの身近にいる存在になっています。ところが、今回の映画。横っ飛びのピーターがスローモーションになる予告編からも少なからず想像できるように、可愛らしいウサギさんが繰り広げる平和なおとぎ話を求めてお子さま連れで劇場に出かけたりすると、だいぶ面食らうことになりそうです。その裏切られた感は、見かけと言動のギャップで笑わせてくれた邪悪なクマのぬいぐるみ、テッドのそれに近いところはありますが、自堕落で破廉恥なテッドと違い、このピーターの場合は知恵者で無鉄砲。そして好戦的。『ホーム・アローン』のケビン坊やさながらに、いささか度を越したいたずらを繰り出していくのです。

 映画でも、その昔、ピーターのお父さんはマグレガーおじさんの畑に入って捕まり、パイにされてしまった(!!)という背景や、それでもなお畑の作物を狙うやんちゃなピーターとそれを追いかける宿敵、マグレガーおじさんとの間で攻防が繰り広げられるという流れは原作を踏襲しています。ただし中心となるのは、ピーター率いるウサギ集団と、マグレガーおじさんの親戚で動物嫌いのトーマス・マグレガーとの、まさに仁義なき戦い、壮絶なバトル。監督がそのバトルで目指したのは『バンビ』よりも『プライベート・ライアン』のように展開させることだったそうで、ほとんどもう、アクション映画の域です。
 ピーターもマグレガーも、あの手この手で相手を出し抜こうと策を練っては仕掛けるうち、どんどんエスカレート。ついには電気フェンスや爆薬まで登場し、お互いの生命を脅かすまでに…。本来ならマグレガーの言い分や立場は同情を買うはずなのですが、そこは、どれだけ悪い顔を連発しようとも、ピーターがやっぱり可愛くて、観ている側はどうしても害獣、もといウサギたちに肩入れしてしまいます。そんなバトルの根底には、人間と動物の共存の在り方、というテーマもあるにはあるのですが、押しつけがましくないところが、本作の愛すべきポイントにもなっています。

 主人公のピーターラビット以下、動物たちはモーションキャプチャーではなくフルCGの産物。ウサギが洋服を着て、歌って踊っている姿にも、映画が始まって間もなく違和感を覚えなくなっているから不思議です。表情豊かな毛並みも鼻も耳もしっぽも、本物と見惑うほど。あたかもそこにしゃべるウサギが実在するかのように俳優たちと接触する場面も出てきますが、それがごく自然に映像として成立しているところに、製作陣の苦労が偲ばれます。
 壮絶な戦いの場となる庭のある英国らしい田園風景は、実際に原作者のポターが暮らした湖水地方と、オーストラリアのシドニーにあるセンテニアル・パークで撮影されたもの。まばゆい日の光の中に緑が溢れ、花咲き乱れ、野生動物(CGだけど)が駆け回るのどかな風景は、それはそれは美しく、絵本のピーターラビットの世界、ファンタジーそのものです。もし万が一、本作のわんぱくすぎるピーターを受け入れ難い原作のファンがいたとしたら、せめて周りの風景だけでも楽しんでもらいたいものです。

 また、宿敵マグレガーの職場は、ロンドンのナイツブリッジにある老舗百貨店、ハロッズという設定で、撮影は、実際のハロッズの店内で、閉店後の夜間に行なわれました。原作者、ビアトリクス・ポターの描くキャラクターのグッズを20世紀初めから扱ってきたハロッズは、今回の撮影を前のめりで快諾したそうです。ちなみに、ハロッズで映画の撮影が実現したのは、実に90年ぶりのことだとか。

 監督・脚本・製作は『ANNIE/アニー』のウィル・グラック。この作品でも、ピーターや動物たちの歌と群舞など、ミュージカルの要素が随所に取り入れられています。また、軽妙なせりふ回しは、テレビの構成作家出身というキャリアの賜物でしょうか。なにより、あのピーターラビットのいかにも人畜無害なイメージを、伝統と気品を損なわない程度に打ち破った、その思い切りの良さには拍手を贈りたくなります。

 ピーターの声を担当するジェームズ・コーデンは、イギリス出身ながら米CBSの夜中のトークショー「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」の司会として、全米では知らない人はいない人気俳優。この冠番組では、有名人をゲストに車の中で歌うコーナーが特に人気で、ミシェル・オバマ元大統領夫人の回など、たびたび日本のワイドショーなどでも取り上げられているので、ご存じの方も多いでしょう。映画『はじまりのうた』や『イントゥ・ザ・ウッズ』で披露した彼の芸達者ぶりは、ここでも存分に発揮されています。一方、ピーターたちを本来の愛らしいウサギさんとして可愛がり、常に味方をしてくれるのは、ビアトリクス・ポッターをモデルにしたと思われる、画家のビア。演じているのは、テレビ・シリーズ「ダメージ」でグレン・クローズにいたぶられ、いつも困り顔だったローズ・バーン。映画では『X-MEN』シリーズや、本作のグラック監督がメガホンを執った『ANNIE/アニー』にも出演しています。トーマスに扮するのはアイルランド出身のドーナル・グリーソン。『レヴェナント:蘇えりし者』や『スター・ウォーズ』シリーズの近作で重要な役に起用されてきました。今回も悪役と言えば悪役ですが、同情の余地のあるところが、これまでと少し違う点でしょうか。このバーンとグリーソンはそれぞれ、本作でアヒルとカエルの声も演じているところに注目。さらに、出番こそ少ないものの強い印象を残すマグレガーおじさん役はベテラン、サム・ニール。『ジュラシック・パーク』の博士役を思い返すと、じいさん役が似合う風貌になったものだなと、正直、時の流れを感じてしまいます。(佐武 加寿子)

『ピーターラビット』5月18日〔金)TOHOシネマズ日比谷ほかにて全国ロードショー 
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
http://www.peterrabbit-movie.jp/

チャリティのご報告

2017年9月9日に開催された「nukumori vol.8」にて集まった募金
1万8500円(端数切り上げ)は、
今回も宮城県の施設dogwoodに寄付いたしました。
併設する動物病院から犬猫ワクチンを購入し、
東日本大震災の被災ペットたちに役立てられます。
また、コラボグッズの売り上げと
出演者(nukumori vol.7)からのチャリティ、
dogblessyou商品のチャリティも加え、13万9500円(端数切り上げ)を
dogwood一般社団法人 日本聴導犬推進協会に寄付いたしました。

Nepalの犬達 vol.1:人々の暮らしと気持ち


2016年3月、ネパールの首都カトマンズに行きました。

nepal-4.jpg

ネパールの宗教は、仏教とヒンドゥー教、その習合が混在しますが、
とてもバランスがとれていて人々が平和にくらしている印象です。

南国で陽気な笑顔爆発!というよりは、
みんなが"微笑み”あって(傷つけあわずor嘘をつかず)、
助け合って生きています。
困っている人がいたら、絶対に助けてあげるものだ、って、
みんながわかっている空気を感じました。
私の国はどうだろう、、、

nepal-2-2.jpg


タクシーは、絶対にぼったくりません。
むしろ、携帯を貸してくれちゃう!
「ナマステ」と笑顔で挨拶をすれば、もう明日には友達です。

nepal-3.jpg

とは言え、2015年の大地震から一年、当時の生活状況は厳しかったです。
1日の半分は停電していて、
カメラの充電をするのに計画停電の時間を計算したり、
発電機のあるところで借りたりしていました。
水道はひねっても出ないところが多くありました。

nepal-5.jpg

犬たちは、水たまりを飲みます。
場所によっては貧しい国という印象でしたが、
電力や生活が安定していない中で、
人々の気持ちだけは安定してるネパール。
犬への気持ちも同じだと感じました。

nepal-5-1.jpg

MIKI YAMATO
東京都出身。10歳よりカメラを持ち始め、14歳で暗室を自ら制作。
本格的に写真にのめり込み、
女子美術大学付属高等学校にて美術の基礎を学び、
日本大学芸術学部写真学科では古典技法を学ぶ。
卒業後はフォトスタジオをスタート。
フォトグラファーとしては、
ファッション・音楽関係・主にポートレート撮影がメイン。
獣医だった祖父の後を継ぐべく、
写真家としてできる事として、
6年前よりアニマルポートレートを撮影し始める。
祖父の死を機に愛護活動に参加。
元保護犬・保護猫の家族写真プロジェクトや保健所での撮影、
譲渡会での撮影会やその他写真の力でできる事をテーマに活動中♬
miki-profilepic.jpg

チケット一般発売 8/26(金)より受付開始

「東京国立博物館 nukumori MOON LIVE2017」
各プレイガイド一般発売受付 2017年8月26日(土)10:00より、受付開始!!!
東京国立博物館 nukumori MOON LIVE2017開催!
開館145年を誇る日本最古の博物館、東京国立博物館で、
SPECIALなアーティスト達の音楽fes開催が決定いたしました!!
東京国立博物館本館の正面がそのままステージとなり、
歴史ある場所でプレミアムなアーティスト達と、
nukumori PROJECTとの夢のコラボナイトがついに実現!
絶景のロケーションでスペシャルなライブTimeをお楽しみください!
チケットご購入はこちら!
■一般発売受付
【WEB】
◇チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/nukumori/
◇e+:http://eplus.jp/nukumori17e/
◇ローソンチケット:http://l-tike.com/nukumori2017
◇Yahoo!チケット:https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00002273/
【TEL】
◆チケットぴあ:0570-02-9999 <Pコード:343-702>
◆ローソンチケット:0570-084-003 <Lコード:73078>
※ご購入時、Pコードの・Lコードのご入力が必要です。
【コンビニ】
ファミリーマート、セブン‐イレブン、ローソン、ミニストップ、サークル・K・サンクス
【日程・会場】
2017年9月9日(土) 東京・東京国立博物館 本館 特設ステージ
開館 9:30/開演17:00
※9:30の開館から入場可能です。
※チケット代金に入館料が含まれています
※開演30分前(16:30)から指定席に座れます。
<問>東京国立博物館:03-3822-1111(代表)
【チケット料金】
・指定席 ¥1,500-(税込)
※東京国立博物館 入館料620円込み
【注意事項】
※3歳以上有料/3歳未満入場不可
※整理番号順の入場です。
※入場時、別途ドリンク代必要。
※開場・開演時間は、変更になる場合がございます。

オープニングアクトに追加アーティスト決定!

開館145年を誇る日本最古の博物館、東京国立博物館で、
SPECIALなアーティスト達によるnukmori開催が決定いたしました!!
東京国立博物館本館の正面がそのままステージとなり、
歴史ある場所でプレミアムなアーティスト達と、
夢のコラボナイト実現しました!!
絶景のロケーションで、スペシャルなライブTimeを是非お楽しみください!
<公演概要>
【タイトル】東京国立博物館 nukumori MOON LIVE2017
【日程】2017年9月9日(土)
【時間】
<開館>9:30
<ライブスタート>17:00開演
※9:30の開館から館内入場可能です。
※ライブチケット代金には東京国立博物館 入館料(620円)が含まれています。
※ライブチケットをお持ちの方は、開演30分前(16:30)から指定席に座れます。
【出演】KAN/ZYUN./Do As Infinity/hitomi ※50音読み順
【オープニングアクト】戸渡陽太
【MC】:djmapi 松本ともこ/ピカ子
【会場】 東京国立博物館 本館 特設ステージ
http://www.tnm.jp
住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
【 チケット料金】
●プレミアム指定席:1,500円(税込)
●観覧フリーエリア:入館料620円(税込)
※プレミアム指定席とは、ステージ目の前のかぶりつき指定席となります。
※プレミアム指定席チケット1500円には、入館料620円も含まれています。
※観覧フリーエリアとは、東京国立博物館の入館料620円でご入場いただければ、
フリーでライブの観覧が可能です。
【チケット発売情報】
<オフィシャル先行受付 ※抽選>
●受付:2017年8月5日(土)15:00~2017年8月16日(水)23:59まで
●当落発表:2017年8月19日(土)13:00~予定
●受付URL:http://r.y-tickets.jp/nukumori1702_hp
<一般発売日 ※先着>
●8/26(土)10:00〜
※受付詳細は追って発表させていただきます。
【公演に関するお問い合わせ】
東京国立博物館 電話番号:03-3822-1111(代表)

東京国立博物館 nukumori MOON LIVE2017開催決定!!

開館145年を誇る日本最古の博物館、東京国立博物館で、
SPECIALなアーティスト達によるnukmori開催が決定いたしました!!
東京国立博物館本館の正面がそのままステージとなり、
歴史ある場所でプレミアムなアーティスト達と、
夢のコラボナイト実現しました!!
絶景のロケーションで、スペシャルなライブTimeを是非お楽しみください!
<公演概要>
【タイトル】東京国立博物館 nukumori MOON LIVE2017
【日程】2017年9月9日(土)
【時間】
<開館>9:30
<ライブスタート>17:00開演
※9:30の開館から館内入場可能です。
※ライブチケット代金には東京国立博物館 入館料(620円)が含まれています。
※ライブチケットをお持ちの方は、開演30分前(16:30)から指定席に座れます。
【出演】KAN/ZYUN./Do As Infinity/hitomi ※50音読み順
【MC】:djmapi 松本ともこ/ピカ子
【会場】 東京国立博物館 本館 特設ステージ
http://www.tnm.jp
住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
【 チケット料金】
●プレミアム指定席:1,500円(税込)
●観覧フリーエリア:入館料620円(税込)
※プレミアム指定席とは、ステージ目の前のかぶりつき指定席となります。
※プレミアム指定席チケット1500円には、入館料620円も含まれています。
※観覧フリーエリアとは、東京国立博物館の入館料620円でご入場いただければ、
フリーでライブの観覧が可能です。
【チケット発売情報】
<オフィシャル先行受付 ※抽選>
●受付:2017年8月5日(土)15:00~2017年8月16日(水)23:59まで
●当落発表:2017年8月19日(土)13:00~予定
●受付URL:http://r.y-tickets.jp/nukumori1702_hp
<一般発売日 ※先着>
●8/26(土)10:00〜
※受付詳細は追って発表させていただきます。
【公演に関するお問い合わせ】
東京国立博物館 電話番号:03-3822-1111(代表)

チャリティイベントのご紹介

普段から保護犬猫を撮影して、里親探しをサポートしたりしている
カメラマンmikiさんが、チャリティイベントを開催します。
🐶😸
🐾YAMATO STUDIO🐾
🐾犬猫と撮る家族写真🐾
.
✨第2回✨
7月15日土曜日
10:00〜1組30分間の撮影です🌞
時間内は何ポーズでも!ご家族、犬猫どんな組み合わせでもリクエストください♬
(ご家族ごとの入れ替えのお時間を10分もうけております。)
通常32,000円の家族写真スタジオプランが、イベント限定で→税込17,000円‼️
撮影データも全て込みのプランとなっています😄
ご予約はLINE→ @goe9891q
またはEmail→ mikiyamato@yamatostudio.com
そして、今回は売り上げの一部をGOGOGROOMERSさんへ寄付させて頂きます⭐️
保護犬を飼っていないご家庭でもイベントに参加していただく事で寄付が出来ます✨✨
先着順にて締め切らせて頂きます。
たくさんのご応募お待ちしております🐕

ZYUN. vol.2

「こころゆくまま、チャッピー自慢できるなんて最高。
nukumoriは、本当に楽しかった!」
笑顔でライブを振り返るZYUN.さん。
確かに、アーティストもお客様も、
お互いのペットライフを聞くだけでハッピーになれる。
また、ペットを取り巻く環境について意見を交わしたり、
nukumoriならではの一体感があるイベントライブでした。
th_zyun-2.jpg



さっそく名前自慢してもらいました!
「チャッピーくん、ちゃあくん、ちゃちゃまる、ちゃっくん」
まだまだ。
「ちゃー、baby、たーくん、チャッピーmoon2009」
誕生年もついている長い名前ですが、実は2008年が正しいとか(笑)
愛情いっぱいに、呼びかけてる姿を想像しながら、
出会いを聞いてみました。
チャッピーは、1度目の飼い主さんから
生後4カ月ほどで戻されてしまった経緯があって、
ZYUN.さんの元に来た時は、人と目を合わせない仔犬だったそう。
「首もとを触る時、上から手をかざすと怖がるので、
もしかしたら、何か嫌な体験があったのかもしれません。
下から触ってあげて、毎日気をつけて接するようにしました。
一緒にいるうちに、僕の目を見るようになったんです。」



チャッピーは、コタツのまわりを走りまわる、
とっても活発な仔犬になりました。
家には、ゲージ(犬の居場所を作るための囲い)はなく、自由。
「“ぎゅっ”として、1日中一緒にいて、一緒に寝てました。
でも、自分がベッドに上がるまでは、乗らない。
ほんとに可愛いです。
もう、チャッピーに辛い記憶は無いと思う!」
今は、アーティスト活動の都合で、会えない時間も多く寂しいですが、
チャッピーは(自分に似て!)しっかりしていて、
僕たち2人の繋がりを感じているから大丈夫、
と愛情たっぷりに語ってくれました。
th__P5U0785.jpg
th__P5U0793.jpg


~~寄付って、水分補給のようにできるといいな~~
ずっと考えていたZYUN.さんは、
nukumoriライブの当日、リハーサルをしながら
「nukumoriプロジェクトに寄付しよう」
と思ったそうです。
4月から8月まで、毎月開催している自身のイベントにて、
【Pray for Band】というラバーバンドを販売。そこには、
「ぼくらはひとりぼっちじゃない」というメッセージが込められいます。
「最後の最後まで、責任を持って一緒にいてあげることが、
僕の役割だな、と思います。
そう、チャッピーも、同じように思ってくれてるはず!」
ZYUN.さんが動物たちのためにできることが始まっています。

☆売り上げは、nukumoriプロジェクトを通じて、
犬猫ワクチンを必要としている保護施設や
ワーキング・ドッグの協会などに、直接支援されます。

ZYUN. vol.1

th_Zyun_1.jpg
 『nukumoriがきっかけなんです。』
2017/2/5に開催された【nukumori】に出演したZYUN.さん。
『こんなに人生が変わるとは思ってなかった!』
イベントを振り返り熱く語ってくれました。
幼い頃から動物が好きだったZYUN.さん。
『この子たちにとって何が幸せなんだろう、
何ができるんだろうと考えたり、色々調べていました。
もう動物が好きすぎて、 一時期はペットショップに行けなくなったり
全ての世界がペット動物にとってかわいそうに思えた時もあった、、』
そして。
『視点を変えたんです。
自分にできることから始めようと、
街中の愛護活動を見かけたら必ず募金して。
出来ることを探してた。』
そんな中、nukumori出演の主旨に賛同して、
出演を快諾してくれたZYUN.さん。
憧れのELTや、レジェンド細野晴臣さんはじめ、
みんなが同じ気持ちで作りあげる音楽イベントに深く感銘を受けました。
『nukumoriがやってることって、当たり前 だし、さりげない。
小さな命と向き合うことに、こんな形があるんだ!!』
と驚いたそうです。
th__NO49789.jpg
音楽というZYUN.さんの世界が、
自然にnukumoriというメッセージに繋ぴったり繋がったんですね。
そして、ZYUN.さんが決めたのがこちら。
【pray for band】
これは、2017年4月〜8月まで、毎月開催するZYUN.さんのイベントで
販売されるラバーバンド(800円)。
「このバンドの売り上げの一部を、nukumoriに寄付したい」
という提案です。
Junxix.という名義でプロデュースしているブランド、
XIXが作るバンドです。
チャリティ、ボランティアなど、
アクションを起こすには、誰でもこれでいいのかな?とか迷ったり、
気構えてしまいます。
そんな時に、楽しくて上質な音楽イベントから、
【当たり前に、さりげなく】
小さな命を大切にする未来を提案できたら、素敵だと思います。
2017年4月からスタートする、
nukumoriとZYUN.さんのコラボレーションに注目してください。


ZYUN.  profile
独特な歌詞の世界観や4オクターブの音域と
mixボイスと言われる個性的な声質を生かし、音楽活動を開始。
2015年3月に初ライブを赤坂 BLITZで開催し成功させる。
2016年5月18日 1st mini アルバム「混合シナプス」で
メジャーデビュー!!
同年6月24日には、デビュー後初のワンマンライブを
渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで行い、
SOLD OUTさせた。
シンガー以外の活動は、Junxix.名義で自らをプロデュースして活動中。
色々なアーティストへの楽曲提供の他、
自分のファッションブランド「XIX」を立ち上げ
インターネット販売を中心に展開するなど、
ミュージシャンとしての側面だけでなく、多分野に活動を広げている。